ニュース女子のつぶやき

ググるの大好き就活中大学生のあやです。気になったことはすぐググりますし、トップニュースは毎日チェック!!その中でみんなにも知ってもらいたいこと書いていきます!

フューチャーデザインラボ会長、竹原啓二の驚きの経歴/リクルート・東大改革の中心人物

こんにちは!あやです。

連日30度越えが続いていますが、皆さん大丈夫ですか?

私は面接とか説明会で最近外に出る機会が多いんですけど、汗かきすぎてヤバいです💦
500mlのペットボトルとかすぐ飲み切っちゃうんで、1ℓのペットボトル持ちながら就活したいくらいです←

ところで最近「株式会社フューチャーデザインラボ」っていう外国人留学生の日本企業への就職をサポートする会社が気になってググってみたら、会長の竹原啓二さんがすごい人だということが分かったので、色々調べちゃいました笑

リクルート常務の竹原啓二ホットペッパー事業を一大事業に押し上げた重要人物!

ホットペッパーといえば、いまや知らない人がいないほど有名な、クーポン付フリーペーパーですが、なんとこのホットペッパー事業を立ち上げたのが、この竹原啓二さんだそうです。

ホットペッパーって私もはじめてのリラクゼーションサロン行くときとか、ランチとかでよく使いますけど、とってもお得ですよね!グルメや美容院、リラクゼーションのお店のクーポンがたくさん掲載されていて使い勝手もいいのに、「無料配布」という素晴らしさ!

ホットペッパーのクーポン使う時、よく、これを考案した人天才でしょって思っていたんですけど、竹原啓二さんがまさかそんなすごい人だったとは!


他にもフランチャイズ事業、起業支援雑誌の『アントレ』などの事業部を立ち上げたのも竹原啓二さんだそうです。

ホットペッパーにアントレ....!私の良く知ってる雑誌ばかり...すごいなあ(≧▽≦)
リクルートを創業当時から支え、約28年間の間会社のために尽力されてたそうです。

東京大学の副理事に就任、『東大改革の象徴』としての顔

竹原啓二さんは、大学業界ではとても有名な人物として知られているそうです。
その理由は、彼が『東大の組織改革』の要と言える人物だからなんだとか。

竹原啓二さんはリクルートで多大な功績を収められましたが、その後引き抜かれる形で東大の副理事に就任、以後中心となって東大改革に力を注いでいたそうです。リクルート時代に出会った言葉に“自ら機会を創り出し、自らを変えよ”という言葉があるそうなのですが、それをまさに体現する形で大学改革に奔走する毎日だったようです。

普通、安定性を維持するために、高い地位にいる人ほど保守に走る人が多いのが今の日本の社会だと思うのですが、竹原啓二さんはそれに抗う形で大学を変えようとされていたんですね!体制に屈しない強さってかっこいい…!

竹原啓二の意外な経歴!スポーツ男子だった学生時代

フューチャーデザインラボの公式サイトによると、竹原啓二さんは学生時代、卓球でインターハイやインカレ出場経歴があるそうです。
しかも中学から高校、大学と10年間続けていたそうで、かなりスポーツ一辺倒の生活を送っていたようですね。そんな方がリクルートで常務取締役を経て、東大改革の象徴と言われるまでになるなんて、当時はだれが想像したことでしょう。

竹原啓二の出身地・年齢・家族は?

公式サイトによると、竹原啓二さんの出身地は香川県坂出市だそうです。1953年生まれなので、現在は65歳ですね。
家族について調べてみましたが、特に家族について書かれた記述は見つかりませんでした。

竹原啓二さんについて調べていると一緒に表示される騎手の竹原啓二さんは別人なので、間違えない様にしてください笑

竹原啓二が会長のフューチャーデザインラボってこんな会社

竹原啓二さんは2007年の立ち上げから現在まで、株式会社フューチャーデザインラボにて代表取締役に就任されていて、現在は会長をされているようです。

会社概要はこんな感じでした↓

【会社名】
株式会社フューチャー・デザイン・ラボ

【本社所在地】
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-16-6東八重洲プレイス3F


代表取締役
会長 竹原 啓二
社長 曾我 隆之

【設立】
2007年8月31日


【資本金】
3,000万円

 

続いて事業内容はこちら!↓

事業開発コンサルティング(Full Hands on型)
・経営コンサルティング
・採用コンサルティング
・組織活性化コンサルティング
・選択制401k導入支援コンサルティング
・ARTAMIRA(アルタミラ)事業
・大学生キャリア支援プログラム(外国人留学生キャリア支援・日本人大学生キャリア支援)
・外国人留学生特化の就職マッチングメディア Dragon Gateドラゴンゲート
・新しい語学力強化研修プログラム(英語・中国語)

有料職業紹介事業 許可番号:13-ユ-305158

 株式会社フューチャーデザインラボ公式サイトより引用

事業開発コンサルティングや採用コンサルティングなど、コンサルティング系の事業が多いみたいですね。私たちみたいな大学生に向けたキャリア支援プログラムも行っているようです。
中でも特に力を入れているのが、DRAGON GATEドラゴンゲートと呼ばれる外国人留学生を対象としたキャリア支援や就職マッチングメディアの運用で、外国人留学生1人1人に合った就職先をマッチングしているのだとか。
これはすごいぞってことでDRAGON GATEドラゴンゲート)について調べてみました。

DRAGON GATEドラゴンゲート)について

企業活動のグローバル化が進んでいるなか、大手企業はもちろん中小ベンチャー企業の外国人雇用ニーズも、近年大きく高まっています。同時に、日本における2011年度の専門学校、大学、大学院の外国人留学生の数は13万8075人と、10年前(2001年)の約7万8812人(日本学生支援機構調べ)に比べて倍増しているなか、留学生の日本企業への就職に対するニーズも高まっています。

一方で、留学生雇用における企業側の知識の不足や、留学生に就職情報が十分に提供しきれていないなど、課題もあります。

当社は多数の大学で、外国人留学生向けのキャリアデザイン講義をプロデュースして参りました。そのノウハウを生かし、この度新たに、就職マッチングメディアを立ち上げます。

特長は、3点あります。

1.ドラゴンゲートのスタッフが直接、学生に対して手厚いカウンセリングを行い、学生の指向、特性、能力などをアセスメントします。

日本での在籍大学だけでは留学生の能力把握は不十分です。また、日本語能力だけで判断もできません。 ドラゴンゲートでは、出身国での卒業高校、大学、職歴等の要素も含めた総合的なアセスメントを実施致します。


2.募集企業様の希望と、価値観等がマッチングする学生をピックアップし、ご紹介いたします。

留学生の多くは日本での就職活動において、「会社の探し方」でつまづくことが多々あります。 ドラゴンゲートは、面接などを通じて直接コミュニケーションを行うことで、会社理解の第一歩を作ります。


3.おすすめ学生の自己PRデータ、アセスメントデータを本人の動画つきでご覧いただけます。
一次面談の前に、まずウェブサービスにて詳細なPRデータをご覧いただくことで採用担当者様の利便性を実現します。

ドラゴンゲートでは、学生ひとりひとりに手厚く面談を重ねることで、隠れた人材を見つけ出し、企業との出会いを生み出します。

株式会社フューチャーデザインラボ公式サイトより引用

なるほど、日本に留学生として来て、そのまま日本での就職を希望する外国人留学生も増えているみたいなので、これは良い制度ですね。うまくいけば将来的には今よりもっとあらゆる職場のグローバル化が進みそう♪

竹原啓二さんについて調べてきましたが、調べれば調べるほどすごい経歴が出てきて驚きの連続でした。彼が会長のフューチャーデザインラボも、日本の未来をより良いものに変えてくれるような、そんな魅力を感じました。

私も竹原啓二さんみたいに、保守に走らないで革新的な仕事どんどんしていけるようになりたいなあ~。そのためには、まずは内定先見つけないとですが笑

そんなこんなで今日も就活がんばります!それでは(*'▽')ノ