ニュース女子のつぶやき

ニュース女子のつぶやき

ググるの大好き大学生のあやです。気になったことはすぐググりトップニュースは毎日チェック!!そして、ついたあだ名はニュース女子(;´・ω・)いろいろなことをつぶやきます☆

アクセス分析(解析)で企業を簡単に特定する方法【Googleアナリティクス】

 こんにちは、あやです。

皆さんはアクセス解析って聞いたことありますか?
アクセス解析とは、簡単に言うと、webサイトの管理者が自分のブログやwebサイト内を訪れた訪問者の行動パターンや特性を分析することを指します。
webサイトの内容を分析すると、たとえばお問い合わせを増やしたい場合なら、お問い合わせにつながる課題を発見することができるんです!

こうしたアクセス解析のツールが有償・無償含め、ネット上にはたくさん出回っているんです(*^-^*)

アクセス解析ツールについてはこちらの2サイトにおすすめツールが掲載されていますので、ぜひ参考にしてみてください~。

liskul.com

ferret-plus.com


ちなみに私がブログを書いているはてなブログにも簡単なアクセス解析のツールが入っていますが訪問件数を表示するだけのごく簡易的なものでちょっと物足りないので、Googleアナリティクスという無料のアクセス解析ツールを入れています。
はてなブログのシンプルなアクセス解析と違ってGoogleアナリティクスでは行動を細かく分析できるので、ブログの記事で何が良く読まれているかとか、どのくらいの時間ブログサイトに滞在していたかとかが分かって面白いんですよね~(*´▽`*)

最近このGoogleアナリティクスに、どこの企業が自分のwebサイトを訪問したかを解析できる機能があることを知ったので、今日はGoogleアナリティクスのアクセス分析でwebサイトに訪問した企業情報を特定する方法』について書いてみようと思います。

web集客にはアクセス解析が必須!

webからの集客を狙う企業にとって、アクセス解析を行うことは必須事項です。
何故かと言うと、アクセス解析は売上アップのヒントの宝庫だからです。
アクセス解析を行うことで、自分のwebサイトの滞在時間を増やしたり、webからのお問い合わせを増やすためにどこを改善したらいいか、webサイトの問題点を明らかにすることが可能です。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクス



Googleアナリティクスは、Googleが無料で提供している高機能なサイトアクセス解析ツールです。

でも、たかが無料とあなどってはいけません!!

私みたいに個人でブログ書いている人から企業まで実に幅広い人たちが日常的に使っている高精度のアクセス解析ツールなんです♪

 無料ということもあり、有料ツールみたいな手厚いサポートはなく自力で使い方を覚えていく必要があるので、はじめての人には少々敷居が高く感じられるかもしれませんが、今は初心者向けのGoogleアナリティクスのHow to本がたくさん出てたり、インターネットでもGoogleアナリティクスの設定や見方を調べることができるので、まずは使いながら少しずつ覚えるといいんじゃないかなと思います(*^-^*)

ちなみに私のおすすめは、「できる逆引きGoogleアナリティクス」という本です。
この本はGoogleアナリティクスの設定から分析の細かい方法まで載っていて辞書みたいに使えるので、マジで便利ですよ♪

訪問した企業を特定できるアクセス解析は、BtoB企業にこそ役に立つ!

アクセス解析


もしまだ自分の会社と取引のない会社の人間が自社のwebサイトやブログサイトを見に来ていて、その企業をアクセス解析で特定することができたとしたら、BtoB企業にとって大きなメリットがあります。

なぜかというと、自社のサイトを訪問した企業を特定できるアクセス分析は、単に自社サイトを訪問した企業を特定するだけでなく訪問した企業の行動パターンを分析することが可能だからです。
既存顧客の場合は顧客のニーズの正確な把握、未訪問の企業からのアクセスがあった場合は新規顧客獲得のきっかけになるなど、webサイトに訪問した企業の行動を知ることがBtoB企業のビジネスに直結する可能性があります。

BtoB企業とは

BtoBとはBusiness to Businessの略で、BtoB企業は、企業を相手にして事業や商取引をおこなう会社のことを指します。


Googleアナリティクスでも条件付きで訪問企業を特定できる

企業を特定できるアクセス解析ができることはBtoBにとってメリットがあることをお話しましたが、Googleアナリティクスも、実はある条件下において自社のサイトを訪問した企業名を特定することできるそうです。

そのある条件とは、独自ドメインを使用している企業であること!

ドメインとは、いわゆる「ネット上の住所」にあたるもので、
たとえば、一般的なはてなブログの場合、https://blog.hatena.ne.jp○○○.hatenablog.com」というアドレスの内、
「hatenablog.com」の部分のことを指します。
また、ブログ運営会社のドメインを使用しないで一般的なプロバイダーで契約した場合、「ocn.ne.jp」「sonet.ne.jp」といった、プロバイダー指定のドメインが使われます。

このようにwebサイトでは契約したプロバイダーのドメインやブログサイト元の共有ドメインを使うことが多いんですが、大企業の場合は自分の会社名を使用した、独自のドメインを持っていることがほとんどです。
このような独自ドメインを持っている企業は他のサイトとドメイン名がかぶらないため、Googleアナリティクスを使ったアクセス解析で特定することができる、というわけなんです(*'ω'*)


Google アナリティクスで訪問企業のドメインを調べる方法

f:id:disney-s2-duffy:20190124173733j:plain


では、実際にどうやってGoogleアナリティクスで訪問企業のドメインを調べるにはどうしたらいいのかを説明します。

Googleアナリティクスで訪問企業のドメインを調べる手順

①まずGoogleアナリティクスのダッシュボードで「集客」をクリック。
             ↓
②「集客」メニューが出てきたら、「チャネル」を選択。
             ↓
③「プライマリディメンション」と書いてあるところに「その他」という項目があるのでクリック、検索画面で「ネットワーク」を検索。
             ↓

④「ユーザーの環境」の下に「ネットワークドメイン」と出てきたらそれをクリックして完了。

 この4つの手順で自社サイトを訪問した企業ドメインの確認をGoogleアナリティクスで行うことができます。

どうですか?意外と簡単ですよね?

このレポート結果を閲覧すると、自社サイトにまだ自社と取引がない企業が訪問した場合、その企業を特定することが可能になるため、新規開拓の際にアポを入れたり、DMを送る企業の候補リストを絞り込むのに役立ちます。

ただし、主要プロバイダーを使っている企業の場合は主要プロバイダーのドメインで表示されるため、企業名まで特定することはできません。
あくまで独自ドメインを取っている企業に限られます。

 

もっと簡単に訪問企業まで特定するアクセス解析方法は?

Googleアナリティクスで企業の独自ドメイン特定する方法は前記した通りなのですが、ドメイン名を一つ一つ調べるのは結構骨が折れる作業です。
たしかに一つずつ調べれば独自ドメインの企業名を特定することはできるのですが、1ヶ月分一気に見たい時などはデータ上のドメインが多すぎて、調べるのは面倒ですよね。

そこで今回は、Googleアナリティクスと連携することで一瞬で会社名がわかる便利なツールをご紹介します。

そのあるツールとは、どこどこJPというツールです。

どこどこJPはAPIを搭載した分析ツールで、今までGoogleアナリティクスで見るだけだとドメイン名までしか表示できなかったデータが、どこどこJPを連携させることで、企業名までばっちりわかるようになるそうです。

つまり、今まで「○○○.com」までしか見れなかったのが、→「株式会社○○○」という風に、いちいちドメインを調べなくても会社名のリストが一気に手に入るということです。

これ、新規顧客を獲得するのにとっても便利じゃないですか??

新規開拓するのが営業の基本と言いますが、自分の会社のことを全く知らない企業にいきなりアポを取っても、なかなか興味を持ってもらえないことがほとんどだと思うんです。
でも、自分のサイトを見に来ている企業は、少なからず自社に関心があって見にきているので、すぐに営業電話をかけることで見込み顧客を簡単にゲットできる可能性がありますよね。
下手な鉄砲数うちゃ当たるともいいますけど、よりピンポイントで狙ったこっちのやり方の方が効率良く新規開拓できるんじゃないかなと私は思います。

Googleアナリティクスとは違って有料のサービスですが、14日間の無料トライアルがあるみたいなので新規開拓で悩んでいる企業さんは試してはいかがでしょうか?

どこどこjpのサービス提供会社はどんな企業?

さて、企業名までわかっちゃう魔法のツール、『どこどこJP』ですが、どんな会社が行っているサービスか調べてみたところ、株式会社GeolocationTechnology(ジオロケーション テクノロジー) という会社ということがわかりました。
ジオロケーションを日本語に訳すと、『ユーザーの位置情報を扱う技術』だそうです。
事業内容と合致してますね~。

ジオロケーション テクノロジーとはどんな会社なのか、会社概要を簡単にまとめてみました。

【社名】

株式会社GeolocationTechnology

【設立日】

2000年2月21日

【代表者】

代表取締役社長 山本敬介

【事業内容】

IP Geolocation事業、Ad Tech事業、IPアドレス移転事業

【本社】

〒411-0036 静岡県三島市一番町18-22 アーサーファーストビル4F

 

【東京営業所】

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目4-1 原宿八角館ビル6階

那覇コンタクトセンター】

〒900-0032 沖縄県那覇市松山2丁目1-12 合人社那覇松山ビル303

 

【資本金】

1億円(平成29年6月27日現在)

 株式会社Geolocation Technology会社概要より引用

本社は静岡県にあるんですね!なんだか意外です。
気になる事業内容ばかりなのすが、事業内容名だけだと専門的な名前でわかりにくいですね💦

というわけでジオロケーションの公式サイトに載っている3つの事業内容について簡単にまとめてみました。

①IP Geolocation事業

IP Geolocation事業では、IP Geolocationデータベースという、全世界のIPアドレスを網羅したデータベースを使って展開するサービスの提供を担当しているようです。このデータベースがすべてのサービスの基本になっているのだとか。
どこどこJPもこちらの事業に入ります。

 

②Ad Tech事業

アドテク事業では、『どこどこad』というターゲティング広告を展開しています。
IP Geolocationの技術を使用しているので、IPアドレスか判定された位置情報や企業情報などでターゲティングをおこなっています。

 

IPアドレス移転事業

国内唯一のIPv4アドレス移転仲介業をおこなっています。

 ↓↓詳しくサービス内容が知りたい方はこちら

www.geolocation.co.jp

今日はGoogleアナリティクスを使った企業特定のアクセス分析方法について調べてみました。
自分のブログやwebサイトを訪問した企業の名前までわかっちゃうなんてアクセス解析ってすごいですね!
まだまだちょろっとかじったばっかりで知識浅いですけど、アクセス分析って奥深くって楽しいなって思い始めたので、まずは自分のブログの分析をちゃんとできるように頑張ります(*ノωノ)
それでは~