ニュース女子のつぶやき

ググるの大好き大学生のあやです。気になったことはすぐググりトップニュースは毎日チェック!!そして、ついたあだ名はニュース女子(;´・ω・)いろいろなことをつぶやきます☆

フランクフルトの不動産で賃貸・社宅・購入なら日本人経営の日系不動産がおすすめ!【日本との違いと物件選びのコツ】

こんにちは、あやです。

皆さんは海外に住んだことありますか~?
ちなみに私はありません(*'ω'*)

最近私の従姉妹のおねえちゃんが今度旦那さんのお仕事でドイツのフランクフルトに行くことが決まったので、フランクフルトの不動産物件を探すのを手伝っているのですが……
…いやあ~日本じゃなくフランクフルトの不動産って言ったって日本とあんまり物件の探し方に違いはないだろうと考えていたのが甘かったというか、思ってたより大変でびっくりしています(;・∀・)
ちなみに初めてフランクフルトで不動産物件を探す日本人の多くは、私の従姉妹のお姉ちゃん達同様、“住む家なんてすぐ見つかるさ”と、甘く考えている率が高いそうです。

そのため、日本の賃貸契約と同じ感覚でフランクフルトの物件探しを始めたために、なかなか思うように物件の契約が進まず困ってしまう日本人移住者がたくさんいるのだとか…。

そこで今回は、日本とフランクフルトの賃貸物件契約の違いや物件探しのコツなどを調べてみたのでご紹介します。

 ドイツ・フランクフルトはどんな都市?日本人が多い噂は本当?

 

ところで、そもそもフランクフルトはどんな特徴をもった都市なのでしょうか。
日本人が多い都市、という噂は聞いたことがあるのですが、日系企業が多い都市なんですかね?気になったのでちょっと調べてみました。

★ドイツ・フランクフルトとは★

フランクフルトは人口22万人を超えるドイツ連邦共和国ヘッセン州の中で最大の都市で、ドイツ全体でもベルリン、ハンブルクミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市です。世界の金融の中心ですが、工業や産業の中心都市でもあるため、金融関係だけでなく世界中の企業の支社がたくさん集まっています。もちろん、日系企業や公官庁もあるため、フランクフルトの駐在員や支社で働く人が多く暮らす日本人地区があるなど、日系労働者が多く住む都市でもあります。


やはりフランクフルトは日系企業が多いようですね。
日本人地区もあるくらいですから、独身の方はもちろん、家族でフランクフルトに住んでいる日本人も多そうです。
でもそんなにフランクフルトが日本人居住者の多い場所だったら、賃貸物件だって豊富だろうし、不動産の賃貸契約にそんなに苦労しないだろうってちょっと疑問におもいますけどね......。
ただ、現実問題としてフランクフルトの不動産会社で賃貸物件を借りるのは大変であるというのは、事実のようです。

フランクフルトの不動産契約事情

f:id:disney-s2-duffy:フランクフルトの不動産:plain

フランクフルトは世界の金融の中心と言われ、数多くの日系企業の海外支社や外国企業がフランクフルトに存在します。
そういった企業では、社員が海外赴任することも珍しくなく、日本からフランクフルトに赴任を命じられて家族で移り住む日本人家族も毎年一定数います。

そんな、日本人労働者が多く居住しているフランクフルトなら当然外国人向けの不動産物件もたくさんあるのかと思いきや、賃貸物件の数は非常に少なく、需要に対して供給が追い付かない状態だそうです。
賃貸物件に空きが出るやいなや、1件の賃貸物件に対して即50件の見学申し込みがあることが日常茶飯事なのだとか。日本ではとても考えられないですよね(;'∀')

そのため、「1日に何件か物件を内覧して、気に入った物件があったら不動産会社の事務所に戻ってその日の内に契約書にサインする」という日本ではごく一般的な賃貸物件の選び方が、ドイツ・フランクフルトでは全く通用しないそうです。
そもそもフランクフルトの不動産では、1件賃貸物件を内覧するまでに相当時間がかかるわけですから、同じ日に2件も3件も回れないよって話ですよね💦とっても効率が悪い…。

 

フランクフルトで賃貸物件を探すにはどうしたらいい?

f:id:disney-s2-duffy:フランクフルトの賃貸物件:plain


賃貸物件の数自体がそもそも少ないフランクフルトでは、不動産物件を契約するのは至難の業です。
じゃあそもそもフランクフルトでは、どのように不動産物件を探したら良いのでしょうか。

ネットで色々情報をググってみたところ、フランクフルトで賃貸や不動産物件を探す方法は、

1 インターネットから空き物件を探す

2 フランクフルトの不動産会社に直接問い合わせる

の2つがあることがわかりました。

ここまでだと日本で賃貸物件を探す時と大体同じですね~。

 

1 インターネットから物件を探す方法

今やインターネットは世界中で当たり前のように使われています。
ドイツも例外ではなく、ネットが発達したおかげでインターネットを使って空き物件を探す方法がフランクフルトでも主流となっています。

インターネットで物件を探すメリットは、何と言っても日本でも物件情報を閲覧可能だということ
渡独前にいくつか目星をつけておくのも良いでしょう。

また、インターネットからの応募は仲介手数料がかからず、現在住んでいる人と直接交渉ができるメリットがあります。ただ、当事者通しのやりとりとなるので、トラブルには十分注意するようにしましょう。

また、物件情報サイトはドイツのサイト、日本語のサイトのどちらもあるので、ドイツ語が不安なら日本の情報サイトで物件を探すのがおすすめです。

ドイツ語サイト、日本語サイトをいくつかピックアップしてみましたので、参考にしてみてくださいね♬

 

★ドイツ語サイト★

WG-gesucht

ドイツでWGを探す人にとって最も有名なサイトがこちらです。
物件数がとにかく豊富ですが、人気物件はすぐに入居者が決まってしまうのでスピード勝負です。英語対応もしているので、ドイツ語が分からない方でも使いやすいサイトです。

Studenten-Wg.de

WG-gesuchtと似ていますが、こちらはドイツ語のみ。
ただ、利用者はその分減るので時々掘り出し物件があることも。

 

ImmobilienScout24

アパートや一軒家などの物件数が豊富なサイトです。
不動産会社が入居者募集している物件もあれば、大家さんが直接募集している物件も
あります。


★日本語サイト★

フランクフルト掲示

フランクフルトの不動産物件について掲載されている掲示板です。
習い事や求人、ベビーシッターなどの掲示板もあります。

 

MixB

入居者募集の他、ドイツの生活についての情報全般が掲載されている掲示板です。

 

ジモモ フランクフルト

フランクフルトの生活情報に特化した日本語サイトです。
入居者募集の掲示板があります。

 

2 フランクフルトの不動産会社から物件を探す方法

フランクフルトで不動産を探す方法は、インターネット以外にもあります。
それはフランクフルトにある不動産会社で直接探すという方法があります。
直接現地の人とやりとりができるため、スムーズに賃貸契約ができるのでは?と思われがちですが、ここにはちょっとした落とし穴が。

現地の不動産会社を利用する場合に注意しておきたいこと、それは、取扱い物件が少ないことと、対応の悪さです。

対応の悪さと言いましたが、世界の中で日本の接客サービスの良さは世界で一番だと言われています。逆に言えば、他の国は日本ほど接客サービスに力を入れていません。
フランクフルトも同様で、接客サービス業が日本のように発展していないため、彼らとしては通常の業務をおこなっているつもりでも、日本の不動産会社に慣れている日本人にとっては不親切に感じてしまうそうです。

たとえば、部屋の見学を申し込んでも返事が返ってこなかったり、見学にやっと漕ぎづけたかと思ったら、自分の希望とはまったく異なる物件だったということもザラにあるのだとか💦
運よく契約までいっても、引渡しの立ち合いや、鍵をなくしてしまった場合などのアフターフォローはないため、部屋を探すのも住むのも非常に骨が折れます。

 

現地の不動産会社で物件を探すなら日本人経営の会社を選ぼう

 先ほど、フランクフルトでは現地の不動産会社のお客様対応が悪いという話をしましたが、
“じゃあ、フランクフルトで日本の不動産会社のように親身になって物件探しをしてくれる会社はないの?”と思った皆さん、答えはNOです!

フランクフルトにある不動産会社でも日本人が経営している日系の不動産会社は、物件探しから居住中のトラブル対応までしっかりと対応してくれる傾向にあります。

 

私が色々調べたところだと、フランクフルトにある中本不動産という日系の不動産会社が日本と同様の不動産サービスをおこなっていることがわかりました。

www.nakamoto-fudosan.de

中本不動産は1982年にフランクフルトで設立された、フランクフルトで一番老舗の日本人経営の不動産会社で、主に住居物件や事務所物件の不動産を取り扱っています。

現地の不動産と日本人経営の日系不動産との“サービス”の差

f:id:disney-s2-duffy:フランクフルトの不動産:plain



中本不動産などフランクフルトにある日本人経営の日系不動産会社では、日本と同じように丁寧な接客サービスや、引越し・各種手続きのお手伝いや居住中の「鍵を紛失してしまった」のようなアフターサービスなどもおこなっています。
ただ賃貸契約の手続きをするだけではなく、日本からフランクフルトに移り住んだ人たちが安心して暮らせるようにサポートしてくれるのは、とてもありがたいですよね。
住むところは決まっても、引越しとか、水道・電気・ガスの手続きとかやることいっぱいあるし、日本と違って日本語通じないわけで、絶対サポートなしじゃ大変だと思いますよ!

ちなみに先ほどの中本不動産はご夫婦で経営をはじめたそうなのですが、起業より10年以上前に夫婦で渡独しているので、もしかしたら当時のフランクフルトで日系人が物件探しをすることの大変さを体験して、“これはなんとかしなければ”と起業したのかもしれませんね。
起業してから36年間フランクフルトで日系の不動産会社として実績を積み重ねたおかげで、今やフランクフルトに海外支社を持つ日系の各銀行や保険、製薬、商社などの企業や日本人学校、日本領事館といったそうそうたる企業が顧客となるまでになったそうです。

日本の公官庁とも取引があるなんて、相当信用がないとできないですよね!(゚д゚)!相当頑張ったんだろうなあ~。

フランクフルトに住むなら社宅や不動産購入という手もアリ?!

フランクフルトには中本不動産のようにサービスの充実した日系の不動産会社は他にもあるものの、賃貸物件の需要に対して供給が追いついていないというのは、変えられない事実です。
というか、こればっかりはしょうがないですよね💦
こうした賃貸物件の少なさを考慮してか、フランクフルトに海外支社を持つ日系企業の中には社宅を持っている会社もあるようなので、フランクフルトに居住することが決定したら、事前に会社に社宅があるのか確認してみるのもいいと思いますよ!

また、今後日本に帰国する予定はなく、フランクフルトに住み続ける可能性がある方は、いっそのこと不動産物件を購入しちゃうという手もあります。
ドイツって日本からも家づくりの参考に研修に来る設計士さんがいるほど、住宅の性能が良いそうですし、地震の影響が少ないのもあると思いますが、日本の住宅よりも長く住むことができるので、「家を買うのもいいかも」って私なら考えちゃいますね(*^-^*)

ちなみに先ほど紹介した中本不動産は、企業の社宅や不動産購入についての相談にも乗ってくれるそうです!

今日はフランクフルトの不動産事情や、賃貸物件の探し方などをご紹介してみました。
フランクフルトで家を借りるのってなかなか大変ですね(;・∀・)
とりあえず従姉妹のお姉ちゃんには、中本不動産を紹介しておきました~笑
落ち着いたらフランクフルトでの生活について、色々聞きたいなあ~

それでは今日はこの辺で。